バイト戦隊ソメイヨシノズ 21話

今日もソメイヨシノズはお仕事をしている。

こざとがレイと休憩中に話をしていた。

「最近、夢(前回の20話)をみたんだが…最後、お前とガチで一騎打ちだったんよ」

興味を持ったレイはそれで?と聞く。

「それが…だな結局決着がつかなかったんだ…」

とこざとは残念そうな顔であった。

話の結末はどうやらレイの実の妹のサクラちゃんが乱入してきてレイ君の野望について怒ったらしく、フォメルギオンでこざと共に闇の炎に抱かれて消えろおおおになったそうだ。

「ハハ、なんつーこえぇ話だ。あんなもんやられたらアークスでも生命の危機だぜ…。」

レイ君すこしうわづった声で言った。どうやら最近怒らせてえらい目にあったようだ。顔が真顔だ。

最近ではなかなかアークス業もあってか、ソメイヨシノズが集結することがむしろレアな状態である。今ではレイ君 こざと の2人の時が多い。ちゃぼは大事な任務の為バイトにしばらくいなかったが最近戻ってきたので、ちょっとしたお疲れ様会をすることを計画していた。その計画日が今日である。

「そういえば、今日せんせいのお疲れ様会だけどもどうするよ?」

「その点は大丈夫だ。こざとよ場所は予約している楽しみにしてろよ~」

そして仕事に戻る2人だった。

―アークスに必要な物…それはカブトムシ!男のロマンでもあり
とあるメダルのロボットでも人気のあるカブトムシ!
カブトムシを摂取するにしてもダイレクトはとてもじゃないがナンセンス。
それをサプリメントにしたのがこの「カブトムシのチカラ」である。このサプリメントの為に適度な温度と湿度が良いカブトムシを育てているのが秘訣でダーカー因子0%の安全なカブトムシを飼育しているのが「スタービートル」のオーナー:ヴラスタさんです。

「私は皆さんがカブトムシを摂取しやすいように安全なカブトムシの提供をモットーにしています。」

との熱意ある一言を頂いています。

他にも…

ピッっとテレビのコマーシャルを途中で替えられて今は「ギリアムのしらないキャストの魅力」が流れている。

ここはカモシカ宅件ダンディズム溢れるカフェ。

フェルナンドの師匠のあのカモシカが経営してる店であり、隠れファンが多いのと4~5人程度しか必ず店内に客はいない。このコーヒーを飲みに来ることがなによりの至福の時である。店内では洒落たジャズが流れておりとても居心地が良い。

「いやーわざわざ悪いね2人共ボクの為に会開いてもらって」

「本当は残りのメンバーも着て欲しかったがどうもアークス業が忙しくて連絡つかなかったんだすまない」

「まーまーこざとに先生も、ひとまず乾杯しましょーぜ」

「おう、先生のために今回は貸し切りやで酒はサービスやん」

「あんちゃん、太っ腹ぁ~」

「ところでカモサンよ」

こざとは気になることをカモシカに聞く。

「そこにいる店員…誰?」

「そうそう、俺の妹特攻スキルが発動させてもいいのか迷ってたんだよ」

相変わらずのレイ君妹キャラ特攻…流石です。

「ふっふーん、よくぞこの店員について聞いてくれましたお客様。私は鹿子…キラキラネームな路線ですが就職先のここでまさかの採用される運命…これは鹿たないですね!」

「バイト雇用しようと面接で一発採用やで…こういう店員1人は欲しいやろぉ?」

「あ、ちなみに私は26なので妹キャラ特攻は無効ですよレイ君」

「アイエエエエ童顔…童顔にシテヤラレタアアアアアアアア」

レイ君の妹特攻スキル完封…ZAN☆NEN!

「まぁまぁとりあえず乾杯だよ!せーの乾杯ぃ!」

先生が仕切って乾杯をした。

「ところで先生よ。例の計画であちこちで回ってたのだっけ?」

「そーそー「SMY5」での各所のお偉いさんとこへ挨拶回りとか行ってきたのよ。」

「レイと先生の言ってる「SMY5」って何ぞ教えてクレメンス」

こざとさんさっぱりで困っている。

「んとねSMY5ってのはソメイヨシノの女性アイドルユニットの略称で「ソメイヨシノファイブ」って言うんだ」

「ち、ちなみにアヴィさんは…?」

「えーあの人はバックダンサーのホワイトトナカイさんだよ。ブラックトナカイがスターでノーマルトナカイが渋さんだよ」

バックダンサーの人はトナカイスーツと聞きかなりのカオス感があふれるイメージをするこざとは…ゴクリと生唾を飲んだ。

「まぁそれのプロデューサーさんがボクなんだけども別世界のボクもそのメンバーなんだよねぇ…オラクルって不思議よね」

…今、先生がさらっととんでもないことをいったぞ…と思ったこざとだが、周りが特に気にしてはいなかったのでスルーすることにした。

これがそのメンバーの写真だよ。」

「どれどれ…ん?なんでモザイクなんてついてるんだ?」

「誰やああああああワイにモザイクかけたんわああああああ」

カモシカは激怒した。

レイ君は冷静に分析して1つの解答を導き出す。

「うん…まぁこれやったのは酔いドルのセンター:エミリアちゃんだろうね」

「大丈夫?あんちゃん、コーヒー飲む?」

さっと淹れたてのコーヒーを鹿子は差し出す。

カモシカはグイッと一飲み。

「おう、鹿子よバイト始めて間もないのに覚えが早いやんけ」

「ありがたき幸せ…鹿子は頑張ります。」

少しにぎやかなムードが続き先生のお疲れ様会が始まった。

スポンサーサイト

バイト戦隊ソメイヨシノズ 20話

沢山の人々が敗れて床ペロしている。

その場に立っているものはソメイヨシノズの5人のみだ。

しかし、5人はある目的のためにも仲間を蹴落とさなければならない。

レイの目的は 妹キャラのカフェを設立すること。

風鳴の目的は 竹輪が主食となる世界にすること。

ちゃぼの目的は マイルームの3部屋を広い1部屋にする仕様の実装。

フェルナンドの目的は 生涯牛丼がタダで食える権利を手に入れること。

その中でこざとは…目的が今のところないというのは内緒である。

そう、こざとは今は黒髪の彼女に腕試しで参加してみて楽しませろと無理やり参加という形に…。

相変わらずの巻き込まれ系不運男子である。

5人の中で一番に行動を起こしたのは風鳴。

目標は勿論こざとである。

「この中で貴様がレベルが圧倒的に低いはずだ。我が野望の成就の為にも退場してもらうぞ!」

フォトンブレードを無数に射出する風鳴。こざとは無数のブレードの餌食になったのか土煙が起きて見えない。

「おいおい、あいつ全力すぎだろおっと。」

フェルナンドの背後からレイが斬りかかるが刀で綺麗に防御する。

「フェルナンド、人の心配は危険だぞ?俺は妹キャラのカフェを設立させるためなら身内でも斬る。」

レイ君結構ガチで戦ってます…これは妹たちから嫌な目で見られること不可避だ。

「んー僕だけ残ったのだけど…まぁ見てるか」

とのんびり見てたら背後から音もなくBHSをもらう。

「…馬鹿な。BHS…だと?」

ちゃぼ氏無念の脱落。

「すまない…先生。人数は減らしておかないと…だからな」

「あれ、こざとがいない…先に先生をやったのか!?」

風鳴はくそうと舌打ちをする。

「おい、こざとってハンターメインじゃなかったのか?フェルナンド?せいやぁっ!!」

レイがフェルナンドに話しかけながら刀とDBがはげしくぶつけ合う中フェルナンドも言葉を返す。

「それな、俺もそう思ってたのだけどもアイツ…隠してたみたいだな。ナックルの動きが完全に手慣れてやがる。」

風鳴とこざとの戦闘もだんだん勝敗が見えてくる。

風鳴の攻撃を避けてどんどん間合いをつめるこざと。

「ええい、ここまで避けるとは…こざとどういうことだ!!」

DBでこざとに振り下ろすがそれはしてはいけなかった。

DBのブレードにおもいっきりナックルで殴り上げて火花がおもいっきり出た瞬間。

風鳴の持っていたDBは空へとすごい勢いでくるくる回り地面に刺さる。

「なっ…嘘だろ。この俺が…こんなあああああ」

風鳴はJBに履き替え突っ込むもこざとに避けられフリッカージャブからのフラッシュサウザンドのラッシュが止まらない。

「 く ら い や が れ ぇ ! 」

トドメに空中に上がった風鳴を落ちてくるタイミングに合わせてBHSで華麗に吹っ飛ばす。

見事にセルフ壁ドンした風鳴は脱落となった。

そんな戦闘中にレイとフェルナンドの戦いも終わっていたらしく、フェルナンドが床に倒れていた。

「ほう、こざと…お前が最後の相手になるとは思わなかったぞ?始まってすぐ脱落かと思ってたのにな」

「まぁソメイヨシノズからもそう思われるとは知ってたさ。だが、クラスのレベルもレイ、お前たちと同じラインにいるんだ。」

「そうか、なら最後の戦いだ。お互いに目的の為に」

「悔いのない決着を」

2人は武器を構え一気に近づき火花を散らすのだった。

バイト戦隊ソメイヨシノズ 19話

「どうもみなさんこんにちはヴラスタことスターです。今回はソメイヨシノズレギュラーメンバーがかなりの人数がいないので私がほぼ主役となっております。」

「おースターそこで何してるん?」

「ちゃぼさんやっほー。今のソメイヨシノズの近況を話そうとしてるとこよ」

「おーそうだった。じゃ2人で進めていくかの」

「せやね」

今のソメイヨシノズメンバー近況状況

結城レイ:他鯖での出撃依頼の為、不在。

フェルナンド:普段と変わらずコンビニ店員中。

風鳴:フェルナンドと同じくコンビニ店員中。変態度が薄くなり厨二病が濃くなった。

こざと:ソメイヨシノズメンバーと同じXH帯に行けるようになった。しかしアヴィさんの出番が多くてデューマンの彼女とレベリングの頃のように修行中で時々コンビニ店員している。

「となっておりますぜ。ちゃぼの旦那」

「そういえばレイ君とこざとが見かけない理由がそうだったのね。」

すると遠くから聞きおぼえのある声が…

「キイィィィィィlウィズ公貴様アアアアァアア!!」

声の主は我らの箱のアイドルカモシカである。

となりにはウィズ公と呼ばれている青いキャストがロビーアクション浮遊をしている。

「おう、鹿!貴様これを持っていないとな?プギャー」

「キィー!」

と言いつつも殴り合いの修羅場ではなく、いつもの光景なので割と和んでいる。

「いつもの光景ですね先生」

「うんそうだね。」

スターとちゃぼはのんびりその光景を見ていると新たに人が加わった。

「スターカモシカ!!」
「ザ・ボックス!!」

そう叫んで現れたのはあだ名が「ししょー」のアヴィさんと「ちくわ大明神」こと風鳴である。

「ん?今誰かなんか言ったか?」
風鳴は独り言をつぶやく。

アヴィの背後にカモシカが風鳴の背後にウィズ公に移動していた。

「し~しょう!このザ・ボックスのチカラに勝てるか…」

「オラァ!!」

風鳴が話してる最中にカモシカの鉄拳が飛ぶ。

「ふぅー…ヤレヤレだぜ。」

アヴィさんはどこから出したのかキンキンに冷えたコーラを飲んでやれやれしている。

「おう、鹿!風鳴ダウンしちまったからスタンドごっこできねーじゃーないか!」

「鹿、悪くないもん!ししょーがウィスパーでやれって言ったもん!なぁししょー」

「ああ、そうだ(コマンドー並。 しっかし一発でダウンとはニューマンよりやはり打たれ弱いみたいだなデューマンは」

「…ちく…わ」

その光景をみててスターとちゃぼは呆然。

「なにあれぇ…」

「カオスに満ち溢れてるな…スバラシイ」

スタンドごっこしてる所にさらに人が増える。

「ソメイヨシノ警察のシズだ!風鳴にはちくわによる被害の件が着ている。署まで来てもらうゾ」

そのまま警察の格好したシズさんと一緒にいたユルに気絶した風鳴は連行されていった。

「おう、風鳴いなくなったゾ。どうするよ?」

ウィズ公は鹿に聞く。

「ししょーどうする?」

「ふっすでに手は打ってある」

するとそこに現れたのは…

「お困りのようですね。あとごこーせんの七面鳥とは一緒にしないでもらいましょう」

どこか見たことあるレディカガさんである。

早速スタンドごっこが再開される。

「キラーボックス。シア―ハートアタック」
「カモシカAct3。カモシカ3フリーズイグニッション!」

唐突にウィズ公付近からアイドルのシアちゃんが召喚されてぶん投げられる。

「え、なにこれ?聞いてないですけどー!」

流石にここは鉄拳をシアちゃんファンがいるのにするのはとてもよろしくない。女性をグーパンはとても良くない。

カモシカは鹿タウロスモードにチェンジして、紳士にソフトにキャッチしてその場に降ろし代わりにウィズ公の顔面に鉄拳制裁。

「カモシカてめええええええ」

と吹っ飛びながら綺麗に床にめり込む。

同じくレディカガもめり込むのだった。

その状況を間近で見たスターとちゃぼはコーラを飲みながら見ていた。

「いやー楽しんでますな」

「そうだね。そろそろ帰りますか」

「そうですな」

2人は帰りにヨシダ・ヤに寄ってフェルナンドと遭遇し仲良くご飯を食べるのだった。



バイト戦隊ソメイヨシノズ 18話

ソメイヨシノズ…ソメイヨシノと呼ばれるチームでの男性ユニットである。
コンビニのバイトを副業にしているアークス達である。メンバーは5名。
一度確認で5人がどのような人物かまとめてみる。

こざと:一応このお話の主役。周りが濃いキャラ多いので割と存在感が薄い。
一言でいえばバイトではポンコツ。アークス面では並み程度。
主にソード主体のハンターであるが、適正だとファイターのほうがハンターより少し上だとかなんとか。

結城レイ:妹溺愛者。妹のルカさんにだけ発動するラッキースケベスキルを持っている。
妹キャラには目がなく自慢の妹特攻スキルで落とすことが得意。

風鳴:好物は竹輪。クールでかっこいい台詞がとても似合う。
本人は鈍感で気づいてないがアストレアさんは彼のことが好きだとか。
よく頭のねじが飛んで、暴走するがアストレアさんのチョップでよく修正される。

ちゃぼ:グラサンを取られると†物欲の悪魔 ちゃぼ†に高確率で変身してしまうことがある。
この中で唯一の常識人でバイトでは一番できる人。

フェルナンド:見た目はワル。コーヒーソムリエと呼ばれるオラクル技能資格持ち。
こざととサボって休憩所であんまん食べたり、携帯端末で通信対戦ゲームをやっている。
牛丼チェーン店「ヨシダ・ヤ」での卵が乗ったギュウ・ドンが好物でほぼ毎日食べている。

と主にこのような感じの5人がバイト帰りでの出来事。
休日での馬鹿騒ぎ、アークスとしての出来事なギャグ要素満載の時々シリアスな感じでお送りします。

ここはちゃぼ宅。ソファにてくつろいでるソメイヨシノズ。
こざとは携帯端末のソーシャルゲーにて爆死して白くなっている。

「さて、このもやし化してるのはどうするのじゃ?」

ちゃぼは話を始める。

「まぁ俺と風きゅんは運よく邪悪な聖書女様でたからなぁ…」

「せやな。本当に出てくれて…ありがとう。」

「…ふ、おじさまだったのじゃが、よくよく持ってるメンツみたらフレ枠で聖処女orミコーンと組ませれば当たりじゃないか…しかしほしかったなぁ邪悪な聖処女サマ…」

「まぁソシャゲの話は置いておいてだな」

フェルナンドが話を変える。

「ピザの配達頼むから選ぼうぜ。」

「おっとそうだった。じゃ俺は竹輪とツナのアンチョビMIXで」

「じゃ僕はコーンたっぷりな奴で」

「俺はこのシア…じゃなくてクーナさんコラボのピザで」

「そうだな、俺は蒸し鶏と海苔のかかった和風ピザで」

「…禁貢要求しすぎじゃおじさま…アイエおじさまも爪要求するんかい…じゃゴルゴンゾーラのはちみつかかったので」

風鳴、ちゃぼ、レイ、フェルナンド、こざとはこれまた別なものをチョイス。

「でさー、恋バナしようぜ。こざとの」

レイ君注文し終わって話をチェンジ。

「アイエエ、コイバナ?コイバナナンデエエ?」

「面白そうだからさ。」

ふっとレイ君は笑う。

「まぁそうだなぁ…話といっても何を言えばいいのやら」

「じゃあ、この前のフランカカフェで2人で楽しそうにしてたのを詳しく」

フェルナンドさんはどこからそんな情報をもってきてるのだろう。

こざとはみんなと予定が合わない日を狙ってデートをしてたのだが

何故それを知っている…と言う顔だったが話し始める。

「あの時か…PSO2のアニメが終わって、アイカさんと同じ沼子なアヴィさんに土下座して同じ格好をお願いしてたのについてだな…」

「ああ、それであの人テク職するときはあの格好なのね…近々髪型も入荷するからそれにするんだとは言ってたけども」

ちゃぼさん納得しはじめる。

「その話でうちの彼女さんが、確かに髪色といい瞳の色も同じだしできそうだねぇいいんじゃない?と言うのさ」

「あっさりだなぁ…」

レイ君は意外そうな顔で言う。

「髪型入荷したらSS先にくれよな。こざと」

レイ君はこざとに頼むのであった。

「アヴィも言ってたけど仕事上アイカ本人に会うことがあるそうだけども、アヴィのほうが本人より身長高いそうな」

「へーもう一回り小さいのかアイカって」

フェルナンドは納得する。

「うっかりそのアイカ本人と同じ格好のまま会ったらしいんだけども、カスラって人が丁度いたらしくて相当弄られてたそうなアイカさん」

「わぁ…カスラさん楽しそうね…」

レイ君はごくりと唾をのむ。

「イツキ?の前で二人並んでみると面白そうですねとうれしそうな顔してたってさ。」

「わー満面の笑みで楽しそうですね…」

フェルナンドさんもごくりと唾をのむ

「あ、ピザの配達来たみたいだ。話はそれくらいにしようぜ」

風鳴がピザを受け取り、ソメイヨシノズはピザを広げ食べ始めるのであった。

バイト戦隊ソメイヨシノズ 17話

こざとはまだかと少し焦っている。

そろそろ大量に並んだ料理がなくなりそうである。

†物欲の悪魔:ちゃぼ†はモリモリ食べすすんでいる。

とても不味い状況だ。

ウェイトレスさんがついに来た。缶のドクターペッパーを持ってきてくれたこれで勝つる!

こざとはアイコンタクト(ウィスパーチャット)でおもいっきり振るように頼んだ。

ウェイトレスさんは指示通りに思いっきり振り始める。

†物欲の悪魔:ちゃぼ†は食べ終え話を始める。

「さて、もういいだろう。こざとよ貴様の運をみせろ!」

こざとはふっと笑い答える。

「それはどうかな?ウェイトレスさん!」

ウェイトレスさんは呼ばれこざとに向かってドクターペッパーを投げる。

「受け取りくださいお客様ァー!!」

ドクターペッパーをかっこよく受けとり†物欲の悪魔:ちゃぼ†に飲み口を向ける。

「ハッ、それは…選ばれしものの知的飲料…貴様ァまたそれををををををを!!」

「これで終わりだ!†物欲の悪魔:ちゃぼ†くらいやがれええええええええ!!」

ドクペの飲み口を開け、よく振ったおかげで思いっきり液体が噴き出す。

噴き出した液体は†物欲の悪魔:ちゃぼ†におもいっきり被るのだった。

†物欲の悪魔:ちゃぼ†は光だし、ちゃぼーんと謎の効果音とともにいつものちゃぼへと戻った。

「うお、ベタベタする甘ッこれドクぺか!」

ドクぺでべたべたなちゃぼさんは周りを見る。

「そうか、みんな†物欲の悪魔†にやられたのか…よく生き残ったなこざと。」

こざとさんは結構疲れた様子で話す。

「ああ、前にも一度これで切り抜けたからなぁ…あのときは持っていたが今回はあぶなかったぜ…」

こざとは辺りを見渡すがウェイトレスさんはいなくなっていた。

仕事に戻ったのだろう。本当はお礼を言いたかったのだけれど辺りはとても汚れていたのでソメイヨシノズ+カモさんで掃除をすることになった。

「ふぅ、えらい目にあったぜ…これ終わったらまた飲むか?」

風鳴反省の色なし。

ちゃぼさんマジキチスマイルでこの状況を作ったのはだれかな?と威圧し風鳴はしょぼんとする。

「あのときグラサンで決まると思ったのにダメだった時は、オラクル終わったかとおもったぜ…」

フェルナンドはあの時のことを話しながらきれいに掃除する。

レイ君は器用に妹トークをしながら掃除をしている。流石の妹愛です、

1時間くらい掃除を行い元の状態にもどした。

支払いを済ませ、その場で解散するのであった。

「今日は、とても大変な一日だったなぁ。まさか最後に†物欲の悪魔:ちゃぼ†がでるなんて…。」

こざとはふっと笑い。レイ君と帰りにセブンイレブンに依るのだった。

また、明日もこんな日常がつづきますようにと…こざとは願った。

プロフィール

こざと

Author:こざと
ship7 ギョーフ
[ソメイヨシノ]所属

訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR