バイト戦隊ソメイヨシノズ 5話

今日もこざと一同は働いている。

レイ君は今日から出勤してきた模様。

右頬に真っ赤になったビンタ跡をつけて。

「うお、なんだその顔…真っ赤になってるぞ」

ちゃぼ氏少し心配そうに近寄る。

レイ君の話によるとship3から戻ってきて妹達にサプライズプレゼント作戦は成功

しかし、レイ君がルカさんにラッキースケベスキル発動してしまい、会心のビンタをもらったとのこと。

「いやーやらかしましたなぁレイ君。」

フェルナンドはおいしそうにコーヒーを飲む。

「ああ、バイト入る前のship3でのツケがここできてしまったのだろうか…」

レイ君がっくりと肩を落とす。

「ん?それってこの動画のこと?」

こざとさん3話にてカスラから届いた動画を見せる。

20160120215334b69.jpg
「うわあああああああああああああああ」

レイ君大慌て。顔を真っ赤にしてもうどうしたらいいかその場で顔を覆う。

「なんでだ、それはバイト前の…どうしてお前がそれを持っている…」

レイ君は動揺を隠せなく結構口が回らなくなっている。

「んカスラからきたけども、これ今回ship3でやったんじゃないのねー」

こざとは納得しつつレイ君のスキル特攻動画を見る。

「ばっそれはもうダメダ。俺はバイト入る前に心を入れ替えたんだ…」

レイ君は頼む、もうそれはなかったことにしてくれと土下座するのであった。

「そこまで言うならこれはゴミ箱にそぉい!」

こざとは削除するのであった。

「…ですまないが暫く俺、家に戻れないから誰か泊めてくれ…」

こうして暫くレイ君は他のメンバーの宅に泊まることになった。

しかし他のメンバーはどうもダメらしくこざと宅となった。

「え、なにそれ聞いてない。そもそも俺が決めていいことじゃ…」

レイ君は誰かと通信してるが話し終わったのか通信をやめこざとに言う。

「うんアヴィに話しつけてきたわ。おkもらったわ」

こうしてしばらく居候にレイ君が厄介になることに。

果たしてレイ君とこざとの運命は如何に…
スポンサーサイト
Category: ネ タ 回

コメント

コメントの投稿