バイト戦隊ソメイヨシノズ 14話

せっかくの休日だ。

このままカモさんとレイ君との3人で出かけることになった。

ヨシダ・ヤの前でばったりフェルナンドと遭遇。

最近のフェルナンドはくるくるなパーマからリーゼントにイメチェンした模様。

さらにヤクザ感がアップした。

「おう、久しいな弟子よ。」

カモさんはフェルナンドにようと声をかける。

「お久しぶりです師匠…というか、なんでお前ら師匠といるんだ…?」

フェルナンドは頭を抱える。

こざとは13話での出来事をフェルナンドにはなし、納得させた。

「じゃ、折角だしエクストリームでも受けに行こうぜ。こざとはエクストリーム回れるだろ?」

説明しよう!エクストリームクエストとはVR(仮想空間)で挑戦するクエスト。

22時間毎にクエストカウンター『エクストリームクエスト管理官 プリン』から配布される
エクストリームパスを使用して挑む。極限訓練はLv50から、独極訓練はLv75から受注可能。

独極訓練ではそのクラスで行った際のステッカーがまれに拾えるので必死になる人もいる。
アヴィさんがその例である。ファイターで出るまで何度も挑んでいた。
だが、元から難易度高めなのでかなり難しくなっておりステッカーを集めるのにも一苦労である。それにエクストリームパスを1回につき5枚消費と少し痛い。

エクストリームクエストのドロップ品や交換品にしか付与されないアルター系、フリクト系という特殊能力がある。金策としてこれの多スロの武器とユニットを堀に行く人もそこそこいる。
極限訓練に関しては

極限訓練:凍土と機甲 魔石:ハートキー
極限訓練:森林と龍  魔石:ブラッディムーン
極限訓練:遺跡と海王 魔石:ファントムナイト

と3か所あり魔石も場所によって異なっている。
魔石は今ではオフスティアシリーズの武器交換で必要とされているので行く人はやはりいる。
いろいろとエクストリームに関して述べたいけども
これはソメイヨシノズについての日常記であるのでここで説明は終わりとします。

たしかにこざとのクラスレベルは条件に到達してる。せっかくだし行くべきだろう。

「レイやカモさんもエクストリーム行ってもいいかい?」

「いいとも、俺のDBさばき、見たいだろう?見たいだろう?(ちらっちらっ」

「シカも別に構わんで」

「んじゃ決まりだな。じゃ軽く森龍でも行くかな」

装備を整え、4人はエクストリームクエストを受けるのであった。
スポンサーサイト
Category: ネ タ 回

コメント

コメントの投稿